読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉しかったこと

今日は嬉しいことが5つくらいあったのでφ(..)メモメモ

 

 

高校生の頃からお世話になっている方から

お願いがある!と連絡が来たのが昨日の夜。

 

 

カンボジア人の友人が日本に行くためのビザが取得できなくて

困っているので助けてほしいとのこと。

 

 

私ができる限りの書類作成とか手伝って送り出したのだけど、

今日の朝、「追い返された、、、」と半泣きになりながら電話。

 

 

原因は、出発日までに10営業日(土日祝日除く)が足りないとのこと。

 

 

急いで航空券取り直してもらって書類を全て作り直して

「ありがとう!」ってハグして出て行ったのに、

受付が閉まる12時より前の11時に着いたのに、、、

 

 

 

f:id:tabisurusnufkin:20170331224602j:plain

 

 

 

閉まってる、、、、、、、、

 

 

 

 

どんだけ働かないんだ、こっちの人は、、、

 

 

 

 

何度電話しても出ないし、

私も半泣きになりながら

知り合いの旅行会社に相談しに行って、

昼休み明けに頼み込むしかない

と言われ、待つこと2時間、、、

いや3時間?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり中に入れてくれないとの電話が、、、

 

(在カンボジア日本大使館査証受付は、

午前に申請受付、午後に引き渡しだけ)

 

 

 

 

 

 

 

電話して日本人スタッフに事情説明

 

「朝も電話した者なんですけど、書類そろえて

11時に行ったのに閉まってたんです!」

 

『中に人が多いと、12時前に閉めることもあるんですよ』←冷たそうな女の人

 

「でもサイトには書いてませんよね?」

 

『まあ、その日によりますから』

 

「電話もしたのにつながらなかったんです!」

 

『そうですか』

 

「航空券も取り直したんです!日数が足りないと

言われたので、急いで取り直したのに」

 

『本来ビザ申請に航空券は必要ありません』

 

「でも窓口で言われたんです!おかしいですよね?!」

 

『・・・・・・・少々お待ちください』

 

 

 

 

~待つこと10分~

 

 

 

 

『お電話変わりました』←優しそうな男の人

 

「さっきも説明したんですけど・・・

(同じことを説明。もっと感情的におおげさに)」

 

 

 

「その人たち今も外で待っているんです!この暑い中!!!」

 

 

『今も外にいるんですか?』

 

 

「はい。11時からずっとですよ!

そちらが開くのをずーっと待っていたんです!!!(嘘)」

 

 

『しかしですね・・・』

 

 

「書類だけでも見ていただけませんか?」

 

 

『う~んと』

 

 

「何度も日本へ行ったことがある方です。

調べていただければわかります!名前は○○○○」

 

 

『・・・・』

 

 

「日本に行きたいと頑張って書類そろえたのに

こんなことなんてひどいです・・・」

 

 

『どうにかしてみましょう』

 

 

「本当ですか?!」

 

 

『はい。誰か人を送ります』

 

 

「ありがとうございます!

本当にありがとうございます!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

そのあと、その子に電話して、

 

「いい?11時からずっと待ってるって、

もう何度もここへ来てるのに門前払いばかり受けてるって

大げさに言って!すごく疲れた風に言って!!!」

 

と助言。

 

 

 

 

待つこと30分。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

「申請受け付けてくれたよ!本当にありがとう!」

 

 

 

という電話!

 

 

 

 

もうすごい喜んでるのが電話越しにもわかって、

そのあともその子のお父さんから電話来るし、

お母さんからも感謝の言葉を言われるし、

日本からも御礼の電話が来るし、

なんかすごいことをしたような気分になったわ。

 

 

 

 

 

その電話を切ると同時にメールが入って、

現地人スタッフの給料200ドル増しでいいよ~って。

 

 

 

 

みんなでわーいって喜んで、

私はクメール語学校の時間なのでお先に失礼して、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クメール語の学校終わった後に、

いつもと違う道を通ったら

日本食材や世界の食材置いてある素敵な店が!!!

 

 

 

ルンルン気分で買い物して、

両手いっぱいに食材持って、

アパートまで帰ると、

エレベーターで欧米人の女の人と一緒になって

 

「Hi」

『Hi』

 

 

 

~沈黙~

 

 

 

 

「あの、もし間違ってたらごめんね。

あそこのクメール語の学校に通ってる?」

 

 

『YES!!!!!! 私もそうかなと思ってたのよ!

でも間違ってたら怖いし、声かけられなかったの』

 

 

「やっぱり~!同じアパートなんてすごいね」

 

 

『本当に!同じ学校で同じアパートなんて運命みたい!

私はマーキャットよ(クメール語で)』

 

 

「私はしおり(クメール語で)」

 

 

『またすぐ話しましょうね』

 

 

「もちろん!またね~」

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ、友達が2人もできた一日でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア人はにこにこ優しくて本当に癒されるんですけど、

カンボジアに住む外国人もみんな優しくて

すごく心があったかい気持ちになります。

 

 

 

 

 

これもインドに住んでたせいかなと思ったり。

 

(インドはにっこり笑いかけて来る人がいたらやばい人。

笑い返したら狙われちゃうから外に出たらクスリともしません。)

 

 

 

 

 

 

あ、でもインド大好きなんだけどね。

 

 

早く帰りたい~~~と毎日思っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドでの話も今度したいな~~~